むしろ何者にもなりたくなかった

何者にもなりたくなかった。

将来の夢、なりたい職業。

これらのワードは僕を1番苦しめて苦しめていた。嘘です。本当はこれらのワードを耳にした時、いつも私の頭には 無 が流れていた。