解放されたい

解放されたい

学校に会社に属すれば必ずその方針に縛られる。住む場所、時間、休日、残業。

 

たまに動くのがダルいときもある、メンドクサイって1日中考えてるときもある。

 

だから夜は次の日の起きる時間なんか考えずに起きていたいし、目覚めは太陽が昇る頃でいい。

 

つまりフリーランスだよ、これからは

ハロー

 

ハロー

人生をぼんやり生きているキミへ

 

24年くらいぼんやり生きてきたボクだ。

未だ

スーツ嫌い

スーツが嫌いだ。

といいつつ私は親の言われるままに専門学校に入って国家公務員になるために勉強に励んでいた(ウソ)

その時は毎週金曜日がスーツ登校。

 

スーツは自分に似合ってると思わなかったし着心地は良くなかった(安いリクルートスーツだからでしょとかツッコミ入れない!)

しかしその後の仕事でスーツを着る仕事についていない陸上自衛隊の時は迷彩服だったし、ステーキ屋で働いた時はコックコートだったのだ!

 

我が願い叶ったり、これからもスーツ着ない人生にしたい所存である。

ただ単純に

ただ単純に今の生活に少し飽きてきた。

安定は飽きを生じさせる。

 

安定といっても労働や賃金のことで精神的なことでは満ち足りるということがなくなってきた。楽しみがない。

 

ただ、言葉を並べることは少しばかり楽しい。

いつも無為に考えていたから。

 

ただ、考えていたといっても哲学的な事じゃなくどちらかというとぼーっとしていたに近いのだけれど。